自治体別教員採用教養試験合格セット

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別
教員採用
教養試験

自治体別教員採用試験の決定版


合格する教員採用試験対策のポイント

弊社、教員採用一般教職教養試験合格レベル問題集は、各自治体の教員採用一般教職教養試験の出題傾向に合わせた、 模試形式の予想問題集です。
実戦的に教員採用一般教職教養試験対策ができる内容となっております。
また、本試験と同じ時間帯で取り組んだり、図書館といった人の多い場所で取り組むことで、教員採用試験の臨場感をもって対策をしていただくことができます。

弊社では、下記2点を教員採用一般教職教養試験突破のための対策ポイントと考えます。

1.出題傾向に沿った対策をとる
まず、志望する自治体の出題傾向を掴みましょう。 教員採用試験では、一般的に、一次試験で「一般教養、教職教養、専門教養」が実施され、出題範囲が広大、という特徴があります。 教員採用試験対策に集中して時間を割ければよいですが、仕事や学業と両立しないといけない受験生が多いのも現実です。 限られた時間の中で、やみくもに学習しても、非効率で、成果は上がりません。 ですので、各自治体の出題傾向に沿って、効率よく対策を取っていくことが大変重要になってきます。

とはいえ、過去問を何年分もひもといて、出題傾向を研究するのは、時間も労力もかかります。 その時間や労力も惜しんで、実践的な対策に力を注ぎたいのが、教員採用試験。 弊社問題集は、各自治体の傾向に沿って作成した予想問題を掲載しているので、取り組むだけで、傾向に合わせた対策を取っていただける教材です。
2.できなかった問題はしっかり復習する
こういった模試形式での教員採用一般教職教養試験対策は、どれくらい得点できたかどうかもさることながら、 自分の苦手分野を確認し、今後の対策に活かすことが大切です。模試をやりっぱなしにした受験生と、 復習にポイントを置いた受験生とでは、圧倒的に後者が合格を勝ち取る傾向があります。 分からなかった問題は、できるまで何度でも取り組んだり、関連する事項をノートにまとめて 周辺知識もおさえていきます。このように復習をすることで、 教員採用一般教職教養試験での得点力を高めることができるのです。 弊社問題集は、解答の他、詳しい解説もつけておりますので、しっかり復習をするのにも適しています。

このように、傾向に合わせた実践的な対策は、教員採用試験を受ける上での欠かすことの出来ない重要な学習法と言えます。 模試形式の弊社問題集で、時間感覚を磨き、知識・理解を深め、教員採用試験で合格ラインに到達できる力をつけていただけると確信致しております。

合格する保育士・幼稚園教諭採用試験対策のポイント

公立保育士・幼稚園教諭採用試験で合否の鍵を握るといわれる、一般教養試験。 弊社、保育士・幼稚園教諭採用教養試験合格レベル問題集は、 各自治体の保育士・幼稚園教諭採用教養試験の出題傾向に合わせた模試形式の予想問題集となっております。 出題形式・試験時間は保育士・幼稚園教諭採用教養試験と同様に作成しており、 実戦的に保育士・幼稚園教諭採用教養試験対策が取れる内容です。
また、保育士・幼稚園教諭採用教養試験と同じ時間帯で取り組んだり、図書館といった人の多い場所で取り組むことで、 保育士・幼稚園教諭採用教養試験の臨場感をもって対策をしていただくことができます。

弊社では、下記2点を保育士・幼稚園教諭採用教養試験突破のための対策ポイントと考えます。

1.保育士・幼稚園教諭採用教養試験での時間配分や、
問題を解く順番を把握する
特に教養試験は、時間設定のわりにボリュームがあり、「時間が足りない」と感じる受験生が多いのが現実です。 保育士・幼稚園教諭採用教養試験での時間配分や、問題を解く順番を把握することは、合格のための重要なポイントとなります。 時間配分については、本試験同様の時間、ボリュームで練習することを通して身につけることが最も効果的ですので、時間感覚を磨くために、模試形式の問題に多く取り組むことは非常に有効な保育士・幼稚園教諭採用教養試験対策となるのです。
2.できなかった問題はしっかり復習する
こういった模試形式での保育士・幼稚園教諭採用教養試験対策は、どれくらい得点できたかどうかもさることながら、自分の苦手分野を確認し、今後の対策に活かすことが大切です。模試をやりっぱなしにした受験生と、復習にポイントを置いた受験生とでは、圧倒的に後者が合格を勝ち取る傾向があります。復習をすることで、保育士・幼稚園教諭採用教養試験での得点力を高めることができるのです。弊社問題集は、各問題、1問1問に詳しい解説をつけておりますので、しっかり復習をするのにも適しています。

このように、模試形式での対策は、保育士・幼稚園教諭採用教養試験を受ける上での欠かすことの出来ない重要な学習法と言えます。 模試形式の弊社問題集で、時間感覚を磨き、知識・理解を深め、保育士・幼稚園教諭採用試験で合格ラインに到達できる力をつけていただけると確信致しております。

教員試験別解説

保育士
保育士とは
保育士は、保育園(保育所)や児童養護施設、知的障害児施設などの児童福祉施設で、0歳の赤ちゃんから、小学校に入学する前の子ども達まで、その育成を助けるプロです。 仕事を持つ母親が増加傾向にある現代社会において、その活躍はますます期待されています。 また、保育士は、日常生活を送るのに支障がある高齢者や障害者に対して、健康的な生活を送れるように援助する役割も担っています。
保育士になるには
保育士の資格を取得後、各市役所で行っている採用試験を受験します。 択一式の教養試験・専門試験に加え、作文や面接、適性検査、実技試験、身体検査が課されます。 その中でも、教養試験、作文、面接が、合否を分けるポイントになるという特徴があります。
幼稚園教諭
幼稚園教諭とは
幼稚園教諭は、公立および私立の幼稚園で、3歳児から小学校就学前までの子供ども達を対象に、知的教育や保育を行います。 また、幼稚園は、文科省の管轄下で、学校の位置づけとなります。 そのため、幼稚園教諭は、学校教育法に基づき、子どもたちの社会性や、健やかな心身を養う役割も担っています。
幼稚園教諭になるには
幼稚園教諭の資格を取得後、各市役所で行っている採用試験を受験します。 択一式の教養試験・専門試験に加え、作文や面接、適性検査、実技試験、身体検査が課されます。 その中でも、教養試験、作文、面接が、合否を分けるポイントになるという特徴があります。
小学校教員
小学校教員になるには
教員免許を取得し、教員採用試験に合格するという2つのステップがあります。 小学校教員になるには、「小学校教諭普通免許状」が必要となり、この教員免許は、「専修免許状」「一種免許状」「二種免許状」という3つにランク分けされています。 どの免許状を取得しても、教員採用試験を受けることは可能です。
教員採用試験は、毎年、6〜7月頃に、各都道府県や政令指定都市で実施されます。 1次試験で一般教職教養、専門教養、論文など、2次試験で実技試験、面接などが課されるのが一般的です。 合格すると、採用候補者名簿に搭載され、採用のチャンスを得ます。 1年間の搭載期間の中で、欠員状況に応じて、採用が決まっていきます。
中学校教員
中学校教員になるには
教員免許を取得し、教員採用試験に合格するという2つのステップがあります。 中学校教員になるには、「中学校教諭普通免許状」(教科別)が必要となり、 この教員免許は、「専修免許状」「一種免許状」「二種免許状」という3つにランク分けされています。 どの免許状を取得しても、教員採用試験を受けることは可能です。 教員採用試験は、毎年、6〜7月頃に、各都道府県や政令指定都市で実施されます。 1次試験で一般教職教養、専門教養、論文など、2次試験で実技試験、面接などが課されるのが一般的です。 合格すると、採用候補者名簿に搭載され、採用のチャンスを得ます。 1年間の搭載期間の中で、欠員状況に応じて、採用が決まっていきます。
高校教員
高校教員になるには
教員免許を取得し、教員採用試験に合格するという2つのステップがあります。 高校教員になるには、「高校教諭普通免許状」(教科別)が必要となり、この教員免許は、「専修免許状」「一種免許状」という2つにランク分けされています。 どの免許状を取得しても、教員採用試験を受けることは可能です。
教員採用試験は、毎年、6〜7月頃に、各都道府県や政令指定都市で実施され、1次試験で一般教職教養、専門教養、論文など、2次試験で実技試験、面接などが課されるのが一般的です。 合格すると、採用候補者名簿に搭載され、採用のチャンスを得ます。 1年間の搭載期間の中で、欠員状況に応じて、採用が決まっていきます。

PAGE TOP


お支払は、「代金引換」のみご利用いただけます。

ご注文確認後、3営業日以内に発送致します。
時間帯指定での配送は、下記時間帯で承ります。

※下記の場合、ご希望の日時に配達できないことがありますので、あらかじめご了承ください。
・交通事情・天候による遅延
・お中元、お歳暮、お盆、年末年始などの配送が混み合う期間

万一、不良品の場合、送料弊社負担でお送りいたしますので、商品到着後、3日以内にお電話、メールにてご連絡下さい。再度、ご注文商品と同様のものを、弊社送料負担にて発送致します。
商品の性質上、お客様都合による返品はお受け致しかねます。ご了承下さい。

商品代金が1万円未満の場合、別途送料と代引手数料が発生いたします。




■九州 450円    ■中国 550円
■四国・関西 600円 ■中部・北陸 650円
■関東・信越 700円 ■東北 900円 ■北海道・沖縄 1200円


代引手数料 324円